令和3年5月1日釣果【また潮の流れが速すぎる爆風での釣り】

釣り日記

釣りに行った場所

茨城県鹿嶋市 鹿嶋港

タックル等

フカセ釣り
マキエ:ヌカ+パン粉+オキアミ
竿:1号5.3m外ガイド
リール:2000番
道糸:1.75号
ハリス:1.5号・1ヒロ~2.5ヒロ
ウキ:0号~2B

釣りレポート

今日は朝から暴風、インターラインの準備をしようと思ったら…ベストに入れてあるはずのワイヤーがない。いくら探してもない(;’∀’)忘れてきた…ワイヤーがなければただの棒。釣り前から悲しすぎる。
予備竿として持っていたのは1号の5.3m、はたして風の強い中持っていられるのか心配だったけどそれしかなくて挑戦してみました。

魚釣園は開園が遅いのでちょっと近場で釣り開始しました。
風がちょっとあるけど、0号のウキでG7のクリップシンカーをつけて仕掛けはウキ下ヒトヒロ半くらい。ウキが勢いよく入り、21.5cmのグレが釣れました。朝一番はやっぱり大事ですね、これが今日のベストになるとは…

それからも小さいグレが何匹か釣れたけど、向かい風がだんだん強くなってきて、ウキの操作不能状態に。G5のジンタンに変えて沈めてみるも多分道糸のコントロールが下手過ぎてあっという間に戻される状態になってしまい、魚釣園へ移動しました。

魚釣園に移動してきて風は追い風と思いきや、、、風が巻いてる?後ろからも横からもどちらからも強風が来る…こんなこともあるんですね。ずっと風は一方から来るものだとばっかり思ってました。

そんな時に緊急地震速報、皆の携帯から物々しいアラートが鳴り響いて、30秒後くらいに結構な長さの横揺れ。釣り場はちょっとした混乱状態になるも、管理棟から大丈夫ですとの連絡が入り釣り再会。宮城県で震度5あったそうで地震は本当に怖いですね。

なんとか竿を持っていられる状態で今回の目標だった「張りながら流す」は「勝手に流される」状態でしたが、何とか流される間にもアタリがあり、18cmくらいを何匹か追加できました。
なんで釣れたかも分からないほどの潮の速さ、緩むこともなく、ひたすら強くなり続け…アナウンスで「15m/sの風が吹き出したので閉園します。」とのこと。そっか、15m/sもあったらしょうがないと諦めもつきました。手首が悲鳴をあげてたけど、1号の竿のおかげか引きが強くて楽しめました。

これ以上大きい魚だとどんな引きが待ってるんだろうってドキドキしました。

21.5cmに18cm位のコッパちゃんたち、釣らせてくれてありがとう。めちゃくちゃカワイイ♪

閉園で誰も居なくなった魚釣園。貸切にしたいっ。フカセ釣りは片付けに時間が掛かるので大変ですが、ここはシャワー付きの水道も自由に使えるのでいつもより綺麗にして帰れました。

釣果

  • メジナ 6匹(最大21.5cm、他平均18cm)
  • メバル 2匹(いつもの小さいの)
    ホームページで釣果を確認したら、メジナとコサバしか書いてなかったけど稚鮎は入れ食い状態みたいでしたし、小さいですけどメバルも釣れました。

あとがき

10m/sから15m/sの強風の中、頑張って釣れたグレは感動もの。途中あんまりにも流されるので2BのウキにBのガン玉で挑みましたが、重い仕掛けだと警戒されるのかタナを通り過ぎたのか、メバルが釣れただけでした。難しい…けどそれが楽しいです。

1号の5.3mの竿は慣れていないのと強風のせいか、ウキの重さでビヨンビヨンとなってウキを上手くキャッチ出来ずに風のあおりを受けてベストに針が刺さりまくりました。竿の長さ・号数が変わると大体この辺で持ち上げればウキが手元に来るっていう感覚が大分ズレますね。

12cmから一気に21.5cmへサイズアップ、去年のベストは28cm。今年は30cm釣れるように少しずつ目標を上げていきますっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました